IT導入補助金

IT導入補助金2021を活用して

ビジネスを加速

申請から導入、アフターフォローまで
ワンストップで迅速に対応いたします。

次回締め切りは未定

最大150万円の補助金

※重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染症が事業に与えた影響への対策として、
テレワーク導入などに活用できる特別枠のC類型・D類型が創設されました。

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者の生産性向上のためのITツール導入の経費を補助する制度です。
ITツールの導入による、バックオフィス業務の効率化や、新規顧客獲得を目的としています。
補助率は1/2-最大2/3、1社あたり30万円〜最大450万円の補助金が給付されます。

対象者は全国の中小企業よび小規模事業者
対象者は全国の中小企業
よび小規模事業者
ITツール導入のための経費を最大450万円を補助
ITツール導入のための経費を
最大450万円を補助
幅広い業種や組織形態が給付対象に
幅広い業種や組織形態が給付対象に

C類型(新型コロナ特別枠)とは

テレワーク環境の整備に資するクラウド対応ツールを導入し、複数のプロセスの非対面化を行うことを目的とした事業。を補助する特別枠です。

POINT

・ 補助金額は最大450万円、補助率は3/4に(A類型、B類型は1/2)
・ ソフトウェア費、導入関連費、ハードウェアレンタル費が補助対象
・ 公募前に購入したITツールも補助対象

D類型(新型コロナ特別枠)とは

C類型は、新型コロナウィルスによって影響を受けた事業者の前向きな投資を補助する特別枠です。

POINT

・ 補助金額は30万円以上150万円以下
・ 事業実施効果報告は、2023年から2025年までの3回

バケモノについて

バケモノ株式会社は大阪天満のWEB・DTP制作会社です。
新規WEBサイト制作、WEBサイトの保守やメンテナンス、広告運用やチラシ制作など、幅広い業務を行なっています。
2018年度〜2020年度に補助金導入実績があり、採択率は現在約70%です。
補助金申請書類に関するお手伝いから受給後の補助やサービス制作まで、手厚くサポートいたします。

補足情報

なお、バケモノではオンラインでのミーティングも可能です。
遠方の方もお気軽にご相談ください。

補助金の種類

IT補助金にはA類型、B類型、C類型(新型コロナ特別枠)、D類型()の三種類があり、それぞれ条件や補助率などが異なります。 各種類の違いについては下記表ご確認ください。表についての詳しい説明や、その他必要項目についても下に記載しています。

類型 補助金申請額 補助率 プロセス数 ツールの目的 賃上げ目標 補助対象
A類型 30万〜150万
未満
1/2 1 プロセスについてをご確認ください 加点 ソフトフェア
導入関連費
B類型 150万〜450万
未満
4 必須
C類型-2 30万~300万円
未満
2/3 2以上 複数のプロセス間で情報連携し複数プロセスの非対面化や業務の更なる効率化を可能とするもの 加点 ソフトフェア
導入関連費/
ハードウェア
レンタル費
C類型-1 300万~450万円
未満
必須
D類型 30万~150万円
未満
テレワーク環境の整備に資するクラウド環境に対応し、複数プロセスの非対面化を可能とするもの 加点

プロセスとは

下記6種類の業務プロセスが分類されています。A類型・C類型の場合は最低一種類、B類型の場合は最低4種類を選び、これに該当するITツールを導入する必要があります。具体的な導入例については下記の表をご覧ください。

業務プロセス(ソフトウェア) オプション 付帯サービス
1. 顧客対応・販売支援
2. 決済・債権債務・資金回収管理
3. 調達・供給・在庫・物流
4. 会計・財務・資産・経営
5. 総務・人事・給与・労務・教育訓練
6. 業種固有プロセス
7. 汎用・自動化・分析ツール
1. 機能拡張
2. データ管理ツール
3. セキュリティ
1. 導入コンサルティング
2. 導入設定・マニュアル作成・導入研修
3. 保守サポート
4. ハードウェアレンタル
業務プロセス(ソフトウェア)
1. 顧客対応・販売支援
2. 決済・債権債務・資金回収管理
3. 調達・供給・在庫・物流
4. 会計・財務・資産・経営
5. 総務・人事・給与・労務・教育訓練
6. 業種固有プロセス
7. 汎用・自動化・分析ツール
オプション
1. 機能拡張
2. データ管理ツール
3. セキュリティ
付帯サービス
1. 導入コンサルティング
2. 導入設定・マニュアル作成・導入研修
3. 保守サポート
4. ハードウェアレンタル

賃上げ目標とは

・3年間、給与支給額を年率1.5以上増
→1年ごとに1.5%アップ、3年間で計4.5%アップ

・事業所内最低賃金を地域別最低賃金+30円

賃上げ目標が必須の場合、目標を達成しなければ補助金の返還を求められる場合がありますので注意が必要です。
また、新型コロナウイルスの影響を受けた場合、目標を据え置きし、事業計画終了後3年以内に目標を達成する計画提出が可能です。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者(低感染リスク型ビジネス枠の事業者)については
補助事業実施年度に感染症の影響を受けることを想定して、上記の賃上げ目標を据え置きし、
その翌年度から3年の間にこの目標値を達成する計画とすることが可能。

加点項目について

以下の加点項目を満たしていると、採択に有利に働きます。

・地域未来投資促進法の地域経済牽引事業計画の承認を取得していること。
・地域未来牽引企業に選定されており、「目標」を経済産業省に提出していること。
・会計や債権関連のソフトウェアで、インボイス制度に対応したITツールであること。
・ソフトウェアのクラウド化に資するITツールであること。
・事業計画期間において、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加
(被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業・小規模事業者等が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合は、年率平均1%以上増加)
・事業計画期間において、事業場内最低賃金(事業場内で最も低い賃金)を地域別最低賃金+30円以上の水準にする

労働生産性の目標について

IT補助金を利用した場合、生産性向上に係る情報(売り上げ・原価・従業員数)などを報告する義務が発生します。
補助金導入によって生産性が1年後に3%UP、3年に9%UPのを目標として数値設定が必要です。

できること

IT導入補助金は主に、業務効率化や経営にあった課題解決ツールなど、生産性向上の為のソフトウェア費、導入関連費等が補助対象となります。会社のニーズにあったツールを選び、設備を導入することが可能です。下記は項目は実際の導入例です。

WEBサイト/チラシ制作
原価管理
ツール
SNS,google等の広報活動
マーケティング
ツール
展示会出展/内装工事
クラウド顧客
管理ツール
必要機材等への設備投資
テレワーク
WEBサイト/チラシ制作
給与・勤怠
管理システム
SNS,google等の広報活動
RPA
展示会出展/内装工事
建築3次元
CAD
必要機材等への設備投資
電子カルテ
システム

導入対象のITツール

導入できるITツールは事務局から指定されています。
まもなくホームページにて公開される予定ですので、少々お待ちください。

受給対象者について

以下の要件を満たす事業に対して補助を行います。

1.日本国内で実施される事業であること。
2.IT導入支援事業者が登録するITツールを導入する事業であること。

ただし、交付決定前に契約、導入等を行い、それに伴い発生した経費は補助対象となりません(C類型は補助対象)。
補助対象の事業者は、従業員数や業種によって異なります。下記表でご確認ください。

中小企業

業種 資本金の額
または出資の総額
常時使用する
従業員の数
製造業 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下
ゴム製品製造業 3億円以下 900人以下
ソフトフェア業・情報処理サービス業 3億円以下 300人以下
旅館業 5,000万円以下 200人以下
その他の業種(上記以外) 3億円以下 300人以下
医療法人、社会福祉法人、学校法人 - 300人以下
商工会・都道府県商工会連合会及び商工会議所 100人以下
中小企業支援法第2条第1項第4号に規定される中小企業団体 -
特別の法律によって設立された組合またはその連合会
財団法人(一般・公益)、社団法人(一般・公益)
特定非営利活動法人

小規模事業者

業種 資本金の額
または出資の総額
常時使用する
従業員の数
製造業 - 300人以下
卸売業 100人以下
サービス業 100人以下

上記対象外でも、小規模事業者持続化補助金が使える場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

小規模事業者持続化補助金の
ページをみる

こんなお悩みありませんか?

01

アナログでの作業や古いシステムを
刷新して効率化したい

手作業で行なっている業務をITの技術を使って効率化したい。

予算はなるべく抑えつつ、新しい事業や販路拡大をしていきたい

02

申請方法や補助金の種類などが難しくて分からない

補助金の種類やITツールの選別などを分からないことが多くてなかなか申請に踏み出せない

補助金を使いたいけれど、申請方法が分からない

03

予算内でできることを提案してほしい

会社のニーズに最適なITツールを予算内で導入したい

補助金導入実績のある会社に頼みたい
にお任せください!
にお任せください!

バケモノ にお任せください!

ITツールの活用方法をご提案お客様の課題を解決!

ITツールの活用方法をご提案!お客様の課題を解決!

お客様のご要望をヒアリングした上で
最適なITツールの提案します

提携先の行政書士が申請まで全て一括請負

提携先の行政書士が申請まで全て一括請負

プロの行政書士が書類関係の
お手伝いをします。

お客さまの予算に合わせたサービスをご提案!

お客さまの予算に合わせたサービスをご提案!

予算内で出来ることを提案いたします。是非一度ご相談ください。

補助金申請・制作の流れ

お問い合わせ

お問い合わせ

WEBからお申込みいただいた後、来社またはオンライン面談でミーティングを行います。

申請

申請準備

・導入するITツールの選択
・「SECURITY ACTION」を宣言すること ・事業計画等の目標設定、書類作成
などが必要です。詳しくは下記の「準備していただくこと」をご覧ください。

WEBまたは郵送にて申請

WEBの場合、JグランツGビズID
への登録が必要です。登録方法から申請方法までサポートいたします。

次は

審査通過・交付決定

契約

次は

事業の実施

契約後、選択したITツールを実用化に向けて導入していきます。導入方法や使い方については、バケモノがサポートいたします。

補助金受け取り

補助金

ITツール導入完了後、補助金が振り込まれます。その後3年間は、生産性向上目標に関する報告義務があります。詳しくは「賃上げ目標について」 「労働生産性の目標について」をご覧ください。

  • Jグランツとは…補助金の申請・届出ができる電子申請システム。
  • GビズIDとは…様々な行政サービスへアクセスできる認証システム。Jグランツの申請に必須です。
  • ※アカウントの取得には2週間程度を要しますので、利用ご希望で未取得の方は、お早めに利用登録が必要です。

よくある質問

Q. 申請の方法や仕組みが分からないのですが、相談に乗ってもらえますか?

はい。バケモノでは過去に補助金導入実績がありますので、申請方法から補助金受取後の手続き、 制作に間することまで全てフォロー可能です。まずは電話やWEB面談にてお気軽にご相談ください。

Q. 審査に落ちた場合はどうなりますか?

審査に落ちた場合でも、バケモノでは費用を一切いただいておりません。 ただし申請時に、申請書類作成の手数料として3万円を行政書士にお支払いいただいており、 こちらは返金できませんのでご注意ください。お客様自らで申請を行う場合、手数料は掛かりません。

Q. 納品までの期間はどれくらいですか?

制作開始は審査通過後となります。制作期間は制作物の種類や内容によって変動しますが、 審査通過後から約3ヶ月が納品の目安となります。

Q. 対面でのミーティングは可能ですか?

可能です。現在は新型コロナ対策としてWEBでのミーティングを推奨しています。

Q NDAは締結してもらえますか?

はい。バケモノでは契約時、必ず秘密保持契約を結んでいます。

お問い合わせ

下記お問い合わせフォームにご記入の上、「送信内容確認」ボタンを押し、送信を完了してください。

    Japan

    必須会社名
    必須名前
    任意フリガナ
    必須電話
    必須メールアドレス
    必須メールアドレス(確認)
    必須依頼内容