ARCHIVE

  • NAME

    TITLE 『始まりの予感』

ARTIST'S COMMENT

この作品には元になった風景があります。その風景を見た当時は自分の周りの環境が新しくなり変化していく時期で、将来の期待や不安・ワクワクが風景と一緒に残っていて、風景の中に自分の記憶や変化・成長が知らない間に刻まれているんだろうなと感じました。ただ景色を見ているだけではなく、景色を見ることで自分自身に何か感じさせるものがあるんじゃないかと思い、それが表現したくて描きました。

INTERVIEW

●バケモノジャック に応募した理由
Instagramの広告を見たのがきっかけです。夏といえば夏休みで、自由さや新たな挑戦がある一大イベントなイメージがある一方、社会人になると疎遠になってしまうものという印象もありました。ですが、それに負けないような好奇心や冒険心を忘れずに持っていたいなと日々感じており、この企画を通じ、夏休みを思い出や経験として再認識できればいいなと思い応募しました。

●普段はどのような活動をしていますか?
まだ本格的な制作活動は始めていなくて、今は学業を優先しています。普段から意識していることとして、本屋でカタログや小説のデザインを見たり、映画やドラマなどの動画を見て構図や色味を勉強しており、インプットは日々行っています。その傍ら、少しずつアウトプットもしていて、グッズを作って販売したり独学で絵の練習をしたりして、自分の絵の引き出しを増やしています。

●今後はどんな活動をしていきたいですか?
自分が経験してきたことを活かせるような作品づくりをしていきたいです。また、心豊かに生活できるような環境づくりを意識して活動したいなと考えています。自分なりに日々の生活の中に面白さや楽しさを見つけながら、太くなくても細々と長く発信する活動を続けていけたらなと思います。